コーヒーフレッシュの正体は油!?実はミルクじゃないなんちゃって添加物??

SPONSORED LINK


カフェやドリンクバーなどでよく見かけるコーヒーフレッシュ。

ほとんどの人がこれはコーヒーに混ぜるミルクだと思っています。

でもこのコーヒーフレッシュ

実はミルクでも乳製品でもないんです(´+ω+`)

今回はこのコーヒーフレッシュの成分についてご紹介します。

コーヒーフレッシュはミルクではない・・!!


コーヒーフレッシュ、あれミルクを濃縮したものに見えますよね?

でもミルクでは・・・ないんです。

コーヒーフレッシュの成分

え!?じゃあ何でできているの?って話ですが
これ

・乳化剤
・植物性油脂
・増粘年多糖類
・PH調製剤
・着色料
・香料

でできているんです。

分かりやすく言うと

植物油に水を混ぜ、添加物で白く濁らせ、ミルク風に仕立てたもの

つまり

サラダ油をコーヒーに混ぜて
あたかもミルクを入れているような錯覚にさせてしまうものなんです。


コーヒーフレッシュ
油です;;




SPONSORED LINK

油と水は混ざらないから、それを解決するために添加物が配合されている

コーヒーフレッシュの商品の裏に原材料が載っているのですが
よく見ると植物性油脂と書かれているんです。
(もし家にコーヒーフレッシュのパッケージ袋があれば、一度裏面みてみてください。)



ただ、通常は植物油脂などの油は水とは混ざらないものですよね。

そこで油と水を混ぜるために乳化剤という界面活性剤と増粘年多糖類というとろみを出す液体が配合されているんです。

これらを混ぜて作ったなんちゃってミルクが『コーヒーフレッシュ』なのです。



私は学生のとき、ドリンクバーでコーヒーをたくさん飲んでいてその時よくコーヒーフレッシュを混ぜていたのを思い出しました^^;

今考えると少しぞっとしてしまいます^^;

そこまで体に毒だとは思っていませんが、添加物なので良い成分でないことは間違いないです。このコーヒーフレッシュに使われている乳化剤と界面活性剤は自然界には存在しない成分ですからね。

コーヒーフレッシュって、たまに舐めたくもなってたのですが・・・油だとは知らずにあの味がなぜか好きだったんですよね^^;


コーヒーフレッシュの代用品となるものはないの?

でもコーヒーにはやっぱりミルク入れて飲みたい!って人多いですよね?

そんな人におすすめなのがミルクを濃縮した粉末状の乳製品。

おすすめはクリープなど。
一時期話題となったスキムミルクも
成分が乳製品、乳糖とだけで少なく、また植物油脂との記載がないからです。

あと四つ葉のスキムミルクは原材料が生乳。これは気になるなぁ〜。個人的にパッケージが好き笑
こういった粉末状のは、ミルクの味が濃縮されているので、まぜるとミルクの風味がすごくするのがいいですね♪

他にもたくさん種類があるので気になる人はチェックしてみてくださいね。





お店で注文する場合は、コーヒーの中にミルクを入れたいと思ったら、別途ミルクを注文するか、
カフェオレのようにもともとミルクが入っている商品を注文したほうがよさそうですね;

ちょいと面倒かもしれませんが^^;

【参考文献】
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物:安部 司著

SPONSORED LINK