コーヒーフレッシュの正体は油!?実はミルクじゃないなんちゃって添加物??

コーヒーフレッシュ

カフェやドリンクバーなどでよく見かける

コーヒーフレッシュ。

コーヒーフレッシュ

SPONSORED LINK


ほとんどの人がこれはコーヒーに混ぜるミルクだと思っています。

でもこのコーヒーフレッシュ

実はミルクでも
乳製品でもないんです(´+ω+`)

え!?じゃあ何でできているの?って話ですが
これ
・乳化剤
・植物性油脂
・増粘年多糖類
・PH調製剤
・着色料
・香料

でできているんです。
分かりやすく言うと



植物油に水を混ぜ、添加物で白く濁らせ、ミルク風に仕立てたもの

つまり

サラダ油をコーヒーに混ぜて
あたかもミルクを入れているような錯覚にさせてしまうものなんです。


コーヒーフレッシュ




SPONSORED LINK



コーヒーフレッシュの商品の裏に原材料が載っているのですが
よく見ると植物性油脂と書かれているんです。
(もし家にコーヒーフレッシュがあれば、一度裏面みてみてください。)

通常は油は水とは混ざらないものですよね。



そこで油と水を混ぜるために乳化剤という界面活性剤と
増粘年多糖類というとろみを出す液体が配合されているんです。



これらを混ぜて作ったなんちゃってミルクが『コーヒーフレッシュ』なのです。



学生のとき、ドリンクバーでコーヒーをたくさん飲んでいて
その時よくコーヒーフレッシュを混ぜていたのを思い出しました^^;



今考えると少しぞっとしてしまいます^^;
そこまで体に毒だとは思っていませんが、良い成分でないことは
間違いないです。

たまに舐めたくもなりますが・・・



このコーヒーフレッシュに使われている乳化剤と界面活性剤は
自然界には存在しない成分ですからね。



今後、コーヒーの中にミルクを入れたいと思ったら、
別途ミルクを注文するか、カフェオレのように
もともとミルクが入っている商品を注文したほうがよさそうですね^^;



【参考文献】
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物:安部 司著

SPONSORED LINK