【凍みこんにゃく】生産者わずか‥茨城の幻の特産品は通販でも購入可能!

SPONSORED LINK


『凍(し)みこんにゃく』というという幻の食材をご存知でしょうか?

以前「青空レストラン」という番組で紹介された
茨城県の食材なのですが、とっても優れた食材なんです。

テレビ見てさっそく煮物にいれたいと思いましたよ・・笑

今回はそんな凍みこんにゃくの魅力についてご紹介します♪

凍みこんにゃくとは?

凍みこんにゃく

出典:http://www.pref.ibaraki.jp/

凍みこんにゃくは、茨城県常陸太田市の特産品。

歴史は古く江戸時代からつくられてきたんですよ^^

しかし、凍みこんにゃくはかなりの手間隙をようする食材なので、いまでは高齢化が進む田舎で3軒しか生産者がいないとのこと。

現代の一般的なこんにゃくの製造方法とは全く違って、工程が大変。

コンニャクイモから作り、ぷるぷるのこんにゃくにしてからスライスして外で干し、

水をふきかけ夜はそのまま凍らし、そして干してまた凍らすを数日間繰り返し行うのです。



そして最後は屋内でまた数日間徹底的に水分を抜くためさらに干します。

これでようやくカチカチの凍みこんにゃくができあがるんです。

凍みこんにゃく

出典:http://www.pref.ibaraki.jp/

SPONSORED LINK

凍みこんにゃくを使用した料理

青空レストランでは、この凍みこんにゃくをつかった郷土料理「お煮しめ」を調理していました。

一般的な煮物のような料理です^^

これに凍こんにゃくをいれると、こんにゃくがたっぷりの汁を吸い込んで

めちゃめちゃおいしく大変身するのです。

宮川大輔もお決まりの「うまい!!」と吠えてました笑



たしかに見た目からしておいしさ感がとてつもなく伝わってきました笑

しみこみました感がすごかったです。

その他に凍みこんにゃくのチャンプルやグラタン、フライも紹介されていました。

グラタンに入れるとマカロニ代わりになるようです。



だしや具材のうまみを吸い込んだ凍みこんにゃく、最高ですね。

しかも、こんにゃくですから当然超低カロリーなわけです。

女性にも嬉しいダイエット食品にもなるんですね。

凍みこんにゃくは優れた保存食にも

凍みこんにゃくは賞味期限がおそろしいほど長く状態がよければ最長50年ももつんです。

保存食として最適ですよね。

凍みこんにゃくはとても軽いですから、防災リュックに1袋くらい入れておいても良いかも。

汁やスープなどと合わせてもどせば腹持ちもいいですしね。

凍みこんにゃくはどこで買える?


凍みこんにゃくはネットで購入が可能です。

茨城の特産品をメインで販売しているお店を見つけましたのでぜひチェックしてみてくださいね^^




今回の番組をきっかけに、生産者が少しでも増えればいいのになと思います。

凍みこんにゃくについて茨城県のHPでも紹介されていますので
ぜひ見てみてください^^

SPONSORED LINK