グルテンフリーで脱小麦中毒!おすすめは和食!健康的に痩せるコツはこれ!

2015y02m04d_184020140

ちまたで話題のグルテンフリー食品

SPONSORED LINK


アメリカではすでに爆発的ヒット中で
スーパーにはたくさんのグルテンフリーの食品が並んでおります。

また、日本でもモデルやタレントさんがブログで
グルテンフリーダイエットをやっていたり
健康のために取り入れたりしていてじわじわと人気が広がっています。



私もだんだんと興味がわいてきまして・・・

今回はグルテンフリーな食生活にチャレンジするための
情報を紹介します(^∀^)


そもそもグルテンって何?

グルテンフリーで脱小麦中毒

SPONSORED LINK



グルテンは
小麦や大麦などの胚乳に含まれるタンパク質のこと。

小麦粉を使用して作られる食べ物にはたいてい入っています。
たとえばパン、ピザ、うどん、パスタなど。

グルテンフリーで脱小麦中毒
グルテンは体内で水に溶けずに居座ってしまい
血糖値をあげてしまう原因になり、

血糖値があがれば体内に脂肪をためこみやすくなり
太りやすい体質になってしまいます。



また、グルテンは食欲を増加させる中毒性

体内の老化を早め肌荒れの原因にもなるともいわれています。

パンやパスタを食べるのが大好き!毎日食べたい!
という方はグルテンの中毒にかかっているかもしれません;
グルテンフリーで脱小麦中毒

ミスユニバースの公式栄養コンサルタントのエリカアンギャルさんも
グルテンフリーの食事をおすすめしています。




どんな食べ物ならOKなの?



グルテンフリーな食品にはどんなものがあるのか理解しておく必要がありますね^ ^

まず、小麦粉を使用した食べ物には
ほとんどグルテンが入っていますので避けるべきですね。

パンやパスタ、うどん、その他菓子類などですね。



反対に食べても大丈夫なのは米
蕎麦など小麦粉が使用されていないもの。



米粉パンならOKとされています(^∀^)



でもどうしてもパンは食べたい!という場合は
玄米パンや全粒粉のパンなど、真っ白いパンではなく
茶色のパンを食べるようにしましょう^ ^

色が濃いパンのほうが、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるからです。



ただ、いくらグルテンフリーだからといって
米などをバクバク食べていたら

血糖値があがりすぎて結果的に太りますので、

適量を心がけましょう^ ^

ちなみに、お米を食べる際、栄養価の高い五穀米や
玄米を混ぜて食べるのがおすすめです。

こういった雑穀が入っていたほうが、パンのときと同様に
血糖値 の上昇をゆるやかにしてくれるからです^^

グルテンフリーダイエットは痩せるの?ただ、健康になるだけ?

グルテンフリーダイエットは、痩せたという報告もあります。

しかし、基本的にはグルテンフリーの食事は

セリアック病など、グルテンを摂取する事によって症状がでる人にとっては
効果的な食事療法
ですので、

普段グルテンを摂取している人で特に問題ない人は
このグルテンフリーの食事を取り入れたからといって
ダイエットで急激に痩せる、というわけではないのです。



確かに小麦粉を使用していないパンやパスタを
控えることで痩せやすくはなりますが、

それはグルテンフリーにしたから、ではなく

小麦粉に含まれる糖質を摂取することが減ったから痩せた、
パスタやピザなどに使用される砂糖や脂質が減ったから痩せた
ということも考えられるからです。



また、現代人にとってすべての食事をグルテンフリーにするのには
無理があり、少なからずグルテンが入っている食事をせずには生活できません。

なので
グルテンフリーの食事に切り替える際は

ダイエットとして体重を急激に落とす!という考えではなく
グルテンフリーを心がけるとともに
余分な糖質や脂質などを減らしていくことで健康的な体にしていく

という目的で取り組んでいったほうがいいと思います。



個人的には和食を取り入れていけば、とてもやりやすいですよ^ ^



魚、煮物、漬物やお浸しなど

和食はグルテンフリーな食事に近いですからね。



ストイックにすべてをグルテンフリーの食品に変えないことが、
長く続けるコツでもありますよ^ ^



健康目的で始めたら、なんと体重が減っていた!なんて事例は
たくさん聞きますからね^ ^



ぜひ、ためしてみてくださいね^ ^

SPONSORED LINK