【動画】北村早樹子の卵のエチュードが心に染みる‥どんな人なの?

SPONSORED LINK


不思議系シンガーソングライターの北村早樹子さん。


先日アウトデラックスに出演され、ネットで密かに話題に。

私もちょうど見ていたのですが、漫画の世界から飛び出してきたような、そのまんま不思議な女性でした。

今回はそんな北村早樹子さんについて調査しました。

北村早樹子さんのプロフィール

北村早樹子
出典:http://kitamurasakiko.net/

名前:北村早樹子(きたむら さきこ)
生年月日:1985年
出身地:大阪府

2006年に1stアルバム『聴心器』を発売。

そして、2014年に公開された映画『殺人ワークショップ』
(監督:白石晃士)の主題歌
「卵のエチュード」で名が広まり、知名度が一気にあがりました。
北村早樹子
北村早樹子
出典:http://kitamurasakiko.net/



プライベートでは、犯罪者の手記を読んだり、刑務所付近を散歩したりするのが好きだそうで、、。

インドア派のようです。



で、好きな食べ物はビスコ

好きな色はだそうで、アウトデラックスでお部屋訪問の様子が映されていたのですが、

お部屋の中にも赤いアイテムが多数ありました。

あ、ビスコも赤いパッケージでしたね。

SPONSORED LINK

卵のエチュードが妙に染みる

北村早樹子さんの代表曲?かはわかりませんが、アウトデラックスに出演時に取り上げられていたのが卵のエチュード


これ、妙に心に染みます。

声といいメロディといい、なんか染み渡るんですよね。そんな不思議な曲です。



で、アウトデラックスで
こちらをライブで演奏しても、誰も拍手をしてくれないと悩みを打ち明けていました。^ ^;

他にもこんな楽曲が。



マイハッピーお葬式





だ・い・す・き



なんか、引き込まれません?独特な世界観に。


ネットでの声


いかがでしたか?



北村早樹子さん、、あの不思議な雰囲気は、なんだかひきこまれますよね。

今後もっとメディアの露出が増えそうですね♪

SPONSORED LINK