UCCのブラック缶コーヒーは添加物ゼロ!缶コーヒーの成分は意外に大事!

SPONSORED LINK


あなたは缶コーヒーを飲むとき、どこのメーカーのものを飲んでいますか?

成分を気にしたことはありませんか?

何も入ってなさそうで意外に入っている缶コーヒーの添加物

コーヒー
私は1日に5~6杯もしくはそれ以上飲んじゃうので缶コーヒーをよく買います。

いつも買う缶コーヒーはブラックなのですが、ブラックの缶コーヒーって一見添加物とか何も入っていないようにみえますよね?
だから裏側の成分表見る人もそんないないんじゃないかと思うんです。

でも、です。よくよく見ると



コーヒー以外にも色々入っているんです(°д°;;)



代表的なのが、香料、乳化材、シリコーン



SPONSORED LINK

缶コーヒーにはどんな成分が入っているの?

コーヒー
まず、香料について。

その名のとおり、香り付けです!
(個人的には缶コーヒーの香りはあまりかがないからいらないんですけどね笑)

まぁ、よく「挽きたて」や「炭火焙煎」、「アロマ」などと謳っている製品には
たいてい香料が入っています。ので、買いません(・ω・)



次に乳化剤について。

乳化剤は本来普通に混ぜても混ざらないものを混ぜられるようにする成分でのことです。

たとえば水と脂、とか普通は混ざりませんがこの乳化剤を使用すると
混ざります!



で、この乳化剤、コーヒーにおいては乳成分とコーヒー液の分離を妨ぐために使用されています。
と考えると乳成分が入っているカフェオレとか
そういう缶コーヒーにのみ入っているのか・・・と思いきやブラックにも入っているんです。

これは、豆から挽いたコーヒーの油成分と液体を混ぜる目的の他にも、
自販機による加温販売に伴い、耐熱性細菌を抑制するための殺菌効果目的もあるようです。



そして次にシリコーン

これは防腐剤としての役割を果たすため使われることが多いようですね。

コーヒー
私は添加物が入っていない缶コーヒーのUCCをいつも買っています^^
(あ、まわしものではありません〜!)

ucc

原材料がコーヒーとしか書いていないので、気持ち的に安心して飲めるというか^^

ただ、どこのコンビニにも必ず置いてある!ってわけではないので、ない場合は仕方なく他のメーカーのコーヒーを購入していますね。

通販だとケース単位で売っているので興味ある人はチェックしてみてくださいね^^
缶以外にもペットボトルなども売っています。
あとは、最近コンビニでもその場で挽いたコーヒーが飲めるんで、そちらも飲むようになりましたね。

私にとっては、毎日飲むものだから、気持ち的に安心して飲めるものを選んでいきたいんです(´^ω^`)

ちなみにレギュラーコーヒーもUCCを飲んでいます笑


やっぱちょっと飲みすぎですかね笑

SPONSORED LINK