【衝撃】最近胃が小さくなったかも・・は勘違い!?脳がそう思わせているだけだった!

スクリーンショット 2015-07-05 10.24.21

SPONSORED LINK


一定期間食べる量が減ったり、食事制限をしていたりするとあるとき

「あ、そういえば最近この量で満足できるようになった」

「もしかして胃が小さくなった・・?」

なんて思ったりしませんか?

胃が小さくなったは勘違い?

少量の食事で満足できるようになると胃が小さくなったのかも!なんて思いがちですが、

実は胃そのものが小さくなったり大きくなったりすることはないんです。

ではなぜ少量の食事で満足できてしまうのか?反対に、なぜこんなに食事量が増えてしまったのか?

もろもろ調べてみました。

SPONSORED LINK


胃が小さくなった!大きくなった!これは胃の大きさの変化ではなく脳がある信号をだしていたからだった。

どか食いをしてしまったり、一定期間たくさん食べてしまったりすると

いくら食べても満たされずついつい多く食べてしまいますよね。

「あれ、昔はこんな食べてたっけ?胃が大きくなったのかも」と思ってしまいますよね。

でも実はそれ、胃そのものが大きくなったわけではなく、脳が、「まだ満足してないよーもっと食べてー」という信号を出してしまうからなんです。



なぜこんな信号を出してしまうのかというと、満腹中枢が大きな勘違いをおこしているからなんです。

食べてばかりいると、脳がその量に慣れてしまって「ああ、この人の体はこれだけ食べないとだめなのか」というふうにいつもだったら満腹になるはずのラインを越えてから満腹だよ〜信号を出すようになってしまうのです。

SPONSORED LINK


脳の信号を変えるには一定期間少食に変えてみて!

勘違いを起こしている脳からの満腹信号を、元に戻すためには、少食な期間を設けて「この程度で満足する体なんだ」と 脳に認識させればいいのです!

よく噛んで、満腹中枢をとことん刺激して(咀嚼をたくさんすれば満腹中枢は刺激されます)あげましょう。

満腹中枢が刺激されれば、脳が、お!もうお腹いっぱいだろうな!と認識して
満腹信号を送ってくるのです。


いかがでしたか?

胃自体の大きさ(伸縮性はあっても基本の大きさ)は変わりません。

でも脳の勘違いを逆手にとって、少食でも私は満足!というような認識をさせることはできるので、脳からの信号を、とことん操っちゃいましょ〜^^