正社員で週3勤務・15時で業務終了も。社員の幸せと働き方の多様化について考えてみた。

SPONSORED LINK


正社員で働くなら、週5で毎日8時間勤務。

常識ですよね。

現にわたしもこれまでずっとそれが当たり前だと思って働いてきたし、今も毎日8時間〜10時間、週5働いています。

これが普通だし疑問に思う人は少ないですよね。

でも最近、この常識を覆す働き方を採用している会社が増えてきているんです。

今回はそんな働き方についてお話しします。

週3〜4日だけの勤務で正社員。これまでの常識を変えた働き方

paraftという媒体を知っていますか?

週3勤務 出典:https://paraft.jp

これは、多様な働き方を推奨している企業の求人を紹介している会社です。

例えば下記のような求人があるんです。
  • 週3勤務OK
  • 深夜出勤OK
  • 早朝出勤OK
  • 在宅勤務OK
  • 副業OK
  • ゆったり出勤OK
いろんな時間帯に働けたり、在宅で勤務をすることが認められている求人もあります。

そのほとんどが正社員(アルバイトやその他の勤務形態が相談できるところもあります。)で採用しているんです。

すごいですよね。

一昔前まではこんな働き方で正社員だなんてありえませんでしたよね。アルバイトしか選択肢はありませんでした。

社員を幸せにする会社の生産性が高い理由

週3勤務

ここでZOZOタウンの一例をだしてみましょう。

ZOZOタウンを運営しているのはスタートトゥデイという会社。

2012年に、なんと労働時間を、朝9時から午後3時に変更したのです。一時期ニュースとしても取り上げられていましたね。

午後3時には、仕事を終えて会社を出ても構わないという制度で世間を驚かせていました。

月曜から金曜まで毎日8時間も拘束される働き方が本当に良いものなのかどうか、、という、社長の疑問から始まったこの制度。

人間が1日で集中できる時間はたかが知れていて、8時間も必要なく、毎日3〜5時間、週に3〜4日やるくらいの働き方が自然なのではと考えているそう。

勤務時間が減り、1日の時間に余裕が生まれれば精神的にも体力的にも余裕が生まれます。

「なんて素敵な会社なんだ・・!」とめっちゃうらやましく感じましたね^^;

たしかに、プライベートの時間が全くもてず息抜きができない状態で、仕事をうまくまわすこなんてできっこありませんよね。

社員に心と体の余裕をもたせ、働きやすい環境を提供した結果、それまで払っていた残業代の支払いが極めて低くなり生産性もよくなったんだそうですよ。

SPONSORED LINK

働きやすい環境=仕事の生産性は比例する



社員が働きやすい環境=仕事の生産性

これはイコールでつながっています。環境がよくなればそれだけ快適になり仕事に集中しやすくなります。

ですが、このことに気づいていない会社がほんとに多いんですよね。

多くの会社が、いまだに長時間働くこと(残業)を美徳として考えているんです。

金銭のことだけを考えて社員の体のことを重要視していないところもあるでしょう。

でも、それは間違っている。

仕事において重要なことは上述したように、生産性をいかに高めるか。

それには、そこで働く社員の幸せを第一に考えないと、うまくいかないんですよね。

週3勤務



あたりまえだとされてきた働き方。

それは、いまの時代では、もうあたりまえの働き方ではないのかもしれませんね。

と、しみじみ思ったのでした。

SPONSORED LINK