ミニマリストは知っている。収入を最低限に減らすと自由な暮らしと真の豊かさが手に入る理由。

SPONSORED LINK


自由な暮らしを得るためにはそれだけの収入がないと無理・・・
そう思っていませんか?

でも実は、そうじゃないんです。

いくら高い収入を得ても、自由じゃない暮らしをしている人は大勢います。

今回は、その仕組みについてと、本当の幸せはどうやって得ることができるのか?について
ご紹介します。

自由な暮らしがしたいなら、物の依存せずシンプルに生活しよう

ミニマリスト

年収1000万円!

そう聞いたら、きっと誰もがうらやみますよね。

好きなもの買えて美味しいもの沢山食べられて良いマンションに住めて贅沢できて、、、

でも、必ずしもそうとは限りません。

私は自身は、お金持ちではありませんが
お金持ちな人の話や、知人の話で何度もこういった話を聞いてきたんです。

・お金があっても、その分沢山使ってしまうから、貯金もできなかった話

・仕事のためにお金のために働きすぎて家庭が崩壊した話

・年収1000万円あるのに、物ばっかり買って、物に依存して心が満たされない話

いくらでもでてきます。

これらの話でわかるのは、
お金は幸せへの手段の1つであって、お金は私たちを幸せなにはしてくれないということ。

いくら高級車を買っても、良いところに住んでいても
お金をつかってもつかっても満たされないのは、お金自体に人を幸せにする力がないからです。

人は、愛情や経験など、内なるものからしか幸せを得ることができないのです。
つまり、物ではなく、精神的な部分で真の豊かさ(=本当の幸せ)を感じることができるんです。


それに気付いた人たちがいま、ミニマリストとなって、真の豊かさ、幸福を得るためにライフスタイルを変えてきているのです。

SPONSORED LINK

ミニマリストは物を持たないだけじゃなく、お金もそこそこ、交友関係もそこそこ

ミニマリスト

ミニマリストは、持ち物を捨てるだけでなく、お金もそこまで多くはもたないし望んでいません。

物をもたないことは、生きていくうえでのコストもかからないということ。

必要最低限のお金さえあれば、十分な暮らしができるのです。



なかには週5日勤務に疲れ、週3勤務の働き方にするために、給与をたくさんもらうことをやめた人もいます。

給与を少なくした代わりに、自由な時間を手に入れた(増やした)のです。

お金は少なくなったけど、物をもたないし浪費もあまりしないから、十分に暮らしていける。



多くの会社員が、お金のために、給与で得たお金で、心の何かを埋めようとして物を買い続ける・・・本来それは生きていくうえで全く必要ない物も、買ってしまう。

実は私もつい最近まで、物に依存していたんです。

洋服だったり、アクセサリーだったり、家具だったり、、でも、捨てました。

部屋にあった8割くらい(言いすぎ?笑)ドッサリ捨てました。

たくさん捨てたんですけど、生活する上で困ったことは何1つありませんでした。



そう。もともと必要なかったんですよね。それをただ捨てただけ。

自分が思った以上に気持ちがすっきりした感覚は今でも覚えています。



交友関係も、自分にとって必要ないと思った関係は捨てることは大切です。

もちろん、人との縁はとても大切です。でも、長く関係を築いていきたい人とそうでない人がいるのも事実。

付き合いだから・・・

とか、わるいから・・・

とかの理由でだらだらと付き合うのはやめましょう。

自分にとって誰が大切な存在か、誰と関わっていきたいかは自分が一番わかっているはずです。

今一度、見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

ミニマリスト いかがでしたか?

お金は手段であって、人生の目的ではありません。
履き違えないよう、ちょっとずつシンプルな生き方をしていきたいですね。



ミニマリスト達のバッグの中身についてこちらでまとめています

ミニマリストのバッグの中身が気になる!決め手はポーチ?最低限必要なものってなに?

2016.04.24



SPONSORED LINK