オーストラリアのコーヒーが高評価!おすすめカフェや豆の通販まとめ

SPONSORED LINK


少し前の話ですが、スタバがオーストラリアから撤退してしまったのをご存知でしょうか?

オーストラリアは実はコーヒーの文化が卓越していておいしいコーヒー店がとても多い国なんです。

今回は、オーストラリアのコーヒーの魅力やスタバが撤退した理由など、オーストラリアのコーヒーについてお話ししたいと思いますヽ(*゚∀゚*)ノ

オーストラリアのコーヒーは美味しい


日本人にとってはまだなじみの薄いオーストラリアのコーヒー。

私も知人から聞いて初めて知ったのですが、オーストラリアのコーヒー文化は卓越していてとにかくコーヒーがうまい!と話題なんです。

そして現地の人はそんなうまいコーヒーを毎日のように飲んでいるので舌が肥えています
(あるデータによると国民1人あたり年に平均3キロ弱ものコーヒーを飲んでいるとのこと)

なぜオーストラリアは珈琲が卓越しているの?


なぜオーストラリアがコーヒー先進国なのかは諸説ありますが、移民の国だからというのが理由の1つ。

昔、シドニーやメルボルンにはイタリア人が多く移民していました。

そのためオーストラリアのコーヒーのベースは濃厚な味わいのイタリア系と言われていて現地のカフェのメニューもイタリアっぽいのが多いんですよ。

SPONSORED LINK

オーストラリアでの代表的なカフェメニュー

オーストラリアではコーヒーのメニューが日本とは少し違います。

現地での一般的なコーヒーの呼び名は「ロングブラック」

エスプレッソは「ショートブラック」と呼ばれています。

また、オーストラリアでは有名な(というか一般的な)「フラットホワイト」というメニューもあります。

▼こちらがそのフラットホワイト

フラットホワイト
これはダブルショットに暖かいミルクを入れたものラテみたいな感じですね。

ただ、ラテよりもミルクのキメが細かくてすごく飲みやすい。

現地だとどこのお店にも必ずあるといわれています。

コーヒー先進国オーストラリアでスタバが撤退!

オーストラリア

オーストラリアにはこのようにユニークなコーヒーカルチャーがあるため、興味深い出来事が起きました。
それは、スターバックスがオーストラリアで大失敗したことです。
スターバックスは2000年から、オーストラリアにどんどん店をオープンしました。
でもアメリカで人気のある甘いコーヒーは、オーストラリア人のお好みには合わなかったようです。
そして2008年までに、オーストラリアでスターバックスの61店舗が閉まりました。
出典:http://www.fashionsnap.com/

これはコーヒー好きの間ではちょっと話題になったのではないでしょうか?

びっくりですよね。世界のスタバが撤退するだなんて。

確かに知人のオーストラリア人に、コーヒー文化について話は聞いたことがあります。

日本人がこぞって通う人気のカフェに対して「あそこは口に合わない」と堂々と言っていたのが印象的でした。

オーストラリア生まれのコーヒーが続々と日本に進出している(都内)


最近はオーストラリア生まれののコーヒーが続々と日本に参入してきているんです。

そのおいしさに感動する人も増えてきているんです^^

BYRON BAY COFFEE(バイロンベイカフェ)

バイロンベイはオーストラリア本土で最東端にある小さな町、そこで誕生したのがこのバイロンベイカフェ。
カフェやショップでの販売までを地元のコーヒーカンパニーが展開しています。
豊かな風味とクリーミーなボディが特徴なオーガニック豆はOCIA・HACCP・Halal に認定されたほど。

素晴らしいブレンドで数々の賞を受賞しているんです^^

珈琲はもちろんのこと、アップルパイもおいしそう・・。


出典:http://www.byronbaycoffeejapan.com/

お店公式のインスタも魅力的な写真ばかり。珈琲おいしそ〜ヽ(*゚∀゚*)ノ

>>公式HPはこちら

パイ・フェイス


オーストラリアからやってきたパイ&コーヒー専門店。

パイに表情がプリントされて可愛いんです♪

先日私も行ってきたばかり^^

パイフェイス渋谷に行ってきました。種類や値段、味の感想を徹底レポ!

2015.01.22
もちろんコーヒーもうまい!と評判なんですよ。

>>パイフェイスの公式HPはこちら

Paul Bassett(ポールバセット)


出典:http://www.paulbassett.jp/

Paul Bassett(ポール・バセット)は日本を代表するパティシエの辻口さんとバリスタ世界チャンピオンでオーストラリア出身のポール・バセットさんによるエスプレッソカフェ

こちらでも本場のコーヒーが味わえますよ。

バリスタ世界チャンピオンのポール・バセットによる新しいコンセプトのエスプレッソカフェPaul Bassett。
「豆」「焙煎」「バリスタ」に徹底的にこだわり、世界中から厳選されたコーヒー豆を店内に設置された焙煎機で緻密な計測のもと、過去の記録とも照合しながら焙煎を繰り返し、エスプレッソに最適な豆を作り上げていきます。
「現状維持ではなく進化も大切」という、ポール・バセットの精神を忠実に継承したバリスタが作り出すエスプレッソの深い味わいは、甘みとコクが見事に調和し、喉を通る瞬間のまろやかさは格別です。最高のエスプレッソとスイーツという組み合わせは、ここPaul Bassettでしか味わえないおいしさの体験となるでしょう。
出典:http://lcdhpb.jp/

私はヒカリエの店舗に行ったことがあるのですが、おいしかったです^^

少し混んでましたけど、並んだ甲斐がありました。

フラットホワイトもメニューにありました〜♪

SPONSORED LINK

フラットホワイトが飲めるカフェ

ここからはフラットホワイトが飲めるカフェをメインに紹介していきます。

Mojo cafe(モジョカフェ)

ニュージランドからやってきたカフェでフラットホワイトがメニューにあります。

SNSでも人気なお店ですヽ(*゚∀゚*)ノ


>>お店の公式HPはこちら

CoffeeSupremeTokyo

こちらも同じくニュージーランドからやってきたカフェ。

SNSでフラットホワイトの芸術的なカフェが度々投稿されておりますヽ(*゚∀゚*)ノ

>>お店の公式HPはこちら

オーストラリアのコーヒーが買える通販ショップ

ここまで魅力を知っちゃうとオーストラリアのコーヒーが飲みたくなりませんか?

ってことで通販調べました。

オーストラリアのコーヒーが販売されている通販サイトです。(販売状況はお店のHPにてご確認ください)

三喜屋珈琲

伝統の街・京都で生まれた三喜屋珈琲は西日本では数多くの店舗をかまえる有名カフェ店

オンラインショップもやっててここでオーストラリアの珈琲をゲットすることができるんです♪

オーストラリア北東部の安定した気候で育ったコーヒーはハワイコナに並ぶ、高品質なコーヒーなんですよ♪

REGALO ROASTERS COFFEE(レガロ ロースターズコーヒー)

レガロ ロースターズコーヒーはコーヒー豆とドリップコーヒーの通販サイトです。
注文を受けてから焙煎し即日注文しているお店。

世界各国の様々なコーヒーを取り扱っていて、種類がものすごく多いです。
国別でカテゴリ分けされているので検索しやすいですよ。

樟山(くぬぎやま)珈琲店

スペシャルティコーヒー専門店・通販店
こちらも世界各国の様々なコーヒーを取り扱っているお店ですね。

お店のサイトのデザインがかわいい〜。

オーストラリアのコーヒーを紹介されているページには魅力がたっぷり伝わってきます。

ちょっと風変わりなコーヒーを探している方々、キリマンテイストを探している方々等に、おすすめだそうですよ^^


楽天やアマゾンなどでも調べてみましたヽ(*゚∀゚*)ノ





日本人はまだまだオーストラリアのコーヒーに馴染みがありません。

私もオーストラリアのコーヒーと聞いても最初はぼんやりしたイメージしかわきませんでした。

これからはちょっとオーストラリアのコーヒーを意識してしまいそうですね^^

SPONSORED LINK