しっとり感にびっくり!セラミド配合のULU(ウルウ)のシェイクモイストミルクをレビュー!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
おすすめの記事 → 安すぎる・・!激安アクセルピスで大人可愛いアクセを購入しました【レビュー】
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

乾燥肌にはセラミドが超大事!というのを痛感しまして、最近はセラミド入りコスメをいろいろ試しています。

今回はULU(ウルウ)というブランドのシェイクモイストミルクを使ってみました。

これもともと赤ら顔対策のコスメなんですが、私は配合されているセラミドに惹かれて購入してみました。

成分や使用感、もろもろレビューしたいと思います!

SPONSORED LINK

ULU(ウルウ)とは


ULU(ウルウ)は、つけた瞬間の満足感ではなく数か月後の肌の変化、「肌実感」にこだわったスキンケア。

ものによりますが、一般的な保湿系コスメでは、付けた直後の満足感によって、その先の肌に必要なバリア機能などを失ってしまうこともあるのです。

そういった肌本来が備えている力を失わないためにも、肌に不要な成分や不必要な潤いを与えず、本当に届けたい成分だけを配合させているんですね。

ウルウは未来の肌を、本来の元気な肌を取り戻すために、「完全無添加主義」にこだわり、界面活性剤や乳化剤、防腐剤、感触改良剤、アルコール、香料、着色料を排除。

一度壊れた肌バリアは取り戻すのに数ヶ月かかると言われていて、肌質やライフスタイルによっても期間は違ってきます。

ウルウはそんな悩める私たちの肌に寄り添い、肌実感を得るためのサポートがあって、悩んだらアドバイザーが話を聞いてくれるんですよ。

時間がかかるから、がんばって続けてみましょうってスタンスが良いですね。売るだけじゃなく、ちゃんとサポートしますよって感じが。

口コミで大人気!満足度98%の【赤ら顔化粧水】が今ならキャンペーン中!【ULU】

ULU(ウルウ)のシェイクモイストミルクとは

そんな無添加主義を貫いているULU(ウルウ)から誕生したのが、今回私が購入したシェイクモイストミルクです。

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクは、赤ら顔や敏感肌、乾燥肌など肌トラブルに本気で悩む方のためのオールインワン化粧水。

これ1本でブースター(導入液)、化粧水、乳液、美容液、ふき取り洗顔化粧液の5つの機能を果たします。

乾燥肌で美容液やクリームをたくさん使ってきた人なら、1本でって聞くとちょっと心配になってしまいそうですよね(;^ω^)

ちなみにこのULUシェイクモイストミルクは、赤ら顔のケアのためのもの。

赤ら顔や酒さに悩む多くの方は、肌バリアの主成分セラミドが少ないため、そこを外から補うために誕生したスキンケアなんです。

ULUシェイクモイストミルクは浸透力が高いため完全無添加

ULUシェイクモイストミルクは浸透力が高く、お肌の中にぐんぐんと吸い込まれていくのが大きな特徴。

その浸透力の高さから、お肌の負担になる恐れのある成分は一切排除しているんです。
「防腐剤」「界面活性剤」「香料」「着色料」「感触改良剤」など、一切配合していない完全に無添加の化粧品です。

世の中には多くの石油系防腐剤フリー・石油系界面活性剤フリー、というスキンケア商品が出回ってますが、
本当に全ての防腐剤と全ての界面活性剤を配合していない、完全に無添加の処方とのこと。

確かに、浸透力が高いのはいいけれど、防腐剤とか着色料とか、そういったものまで浸透しちゃうのは嫌ですもんね。

完全無添加であるが故のデメリット

ULUシェイクモイストミルクについて、いいところばかりお話ししてしまいましたが、デメリットもあります。

まずは乳化剤不使用について。
ULUシェイクモイストミルクは乳化剤を配合していないので、油層と水層の2層に分かれており、使用前に振って混ぜる必要があります。(オイルドレッシングのような感じですね)

次に防腐剤について。

防腐剤も配合していないので、開封後は2ヵ月以内に使い切っていただくことを推奨しています。無添加が故にちょっとだけ手間はかかります。

肌への負担をとるか、ちょっとした手間をとるか、の問題ですね。

私がULU(ウルウ)シェイクモイストミルクを購入した理由

私は赤ら顔ではないのですが、乾燥肌でお肌はザラザラガビガビ。完全に肌バリアは崩れている実感があったので、ULUシェイクモイストミルクのセラミドの量に惹かれたんです。

赤ら顔ではないけれど、肌バリアを取り戻したいという目的は同じなので、試してみようと。

ULU(ウルウ)のシェイクモイストミルクの全成分

超シンプルです。たったこれだけ。でもセラミドの種類の量、順番に注目してみてください。

水(特殊浸透水)、スクワラン、トレハロース、セラミド2、セラミド6Ⅱ、セラミド3、セラミド5、セラミド1、ヒアルロン酸、アンボラエキス、ホホバ種子油、ノバラ油
SPONSORED LINK

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクをレビュー

それではここから実際にULUシェイクモイストミルクを使ってみた感想&レビューをしたいと思います。

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクのつけ心地

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクは乳化剤が入っていないのでスクワランとセラミド層が分離している状態。

なので使う際はシャカシャカと振ってまぜてから使います。

見た感じは水!とってもサラサラしています・・!

はじめて使うので、私はまず腕につけてみました。

手首から肘までスーっとつけてみましたが、ちょくごはほどよくうるおいまして、そして比較的早く乾きました。たぶんこれが浸透しているってことなんだと思います。

そしてですね、ちょっと時間が経つとしっとり!

プルっ!もち!とは次元が違います。しっとり!なんですよ。あ、あとサラって感じ。

超感激!ってほどではないのですが、しっとりサラってなっています。なにこれ。

これが肌の中からうるおうってことなのか・・おおって感じでした。

個人的にはこの使用感好きです。

そしてもっと様子を見てみたくなりました(・∀・)

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクの香り

これ!

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクは香りが独特・・?な気がします。

なんて言うのでしょう、全然いやな香りってわけではないのですが、たぶん何かの成分(セラミドかな?)の独特な香りがするので好みがわかれるかもです。

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクについてちょっと思ったこと

これは商品とは全然関係ないことなのですが、商品とは一緒にたくさんの冊子が入っていたんですね。

こんなにいっぱーい。

一通り目を通しましたが、ULUに込めた想い、ULUを使う人に対する想い等々が詰められてて、なんか、しっかりしている会社というか、本当に肌のこと考えているんだなって伝わってきて、安心しました(^o^)

冊子を見てみると他にもクレンジングやサプリ、クリームなどいくつか商品あるみたいですが私はひとまずこのミルクを使って様子をみたいと思います。

まとめ

ULUシェイクモイストミルクは、とても浸透力のある、そして肌のことを本当に考えて作られているんだなって思いました。

外側から無理やり潤いを与えるのではなく、肌バリアにアプローチして肌自体を元気にしっとりさせるって、こっちのほうが肌にとっては良いと思いました。

最近いろんなセラミドスキンケアを使っているので、そろそろ1つに絞りたいですね。

口コミで大人気!満足度98%の【赤ら顔化粧水】が今ならキャンペーン中!【ULU】
SPONSORED LINK