ミニマリストの生活はなぜ充実感があるの?彼らが断捨離をする5つの理由

SPONSORED LINK


ミニマリストという「物を持たない暮らしをはじめる人」がどんどん増えてきていますよね。

彼らは物を持たないメリットが大きいと感じており、幸せや充実感を物欲に求めないので日々の生活がより豊かになると感じています。

私も一時期断捨離をしてモノを一気に減らしましたが、やはり気持ちがかなり軽くなって「物を減らしてよかったな」と思いました。

今回は、そんなミニマリストな人たちがなぜ生活が豊かなのかをお話ししたいと思います。(個人的な感想も交えてお話しします)

そもそもミニマリストとは?


ミニマリストとは、最小限主義者のことで必要最低限のモノだけを持って生活している人のことです。

精神主義者ともいわれていますね。

部屋の中はとてもすっきりしていて、本当に必要なものしか置いていません。

衣類もとても少なく、少ない数で着まわしをします。


断捨離は「自分にとって大切なこと」を見つけるきっかけ作り

断捨離
ミニマリストになるための最初の1歩は断捨離。

断捨離と聞くとモノをバジバシ捨てるというイメージが強いですが、実は断捨離はただ単にモノを捨てるのではなはく自分にとって大切なものは何かを見出せるきっかけ作りとなるんです。

本当に必要なものだけを持つために、不必要な物を減らしていくと、次第に物への執着が減り、本当に大切にしたいものがどんどん見えてくるのです。


大切なものが見えてくると、自分の中で「どんな生き方をしたいのか」という道しるべが生まれ「自分にとって幸せな生き方はこれだ!」という答えが見えてくるのです。

ミニマリスト

答えが見つかればもうその先はその生き方を実践していくだけ。

モノがなければ、気が散ることもなくなるので意識は「自分の生き方」一点に集中できます。

多くのミニマリストが生き生きとしているのは、大切なものは何かということがわかっているからなんです。

最近ではこのことに気づきはじめている人がどんどん増えています。

このように断捨離は「幸せに生きていくための術」でもあるんですね。


断捨離をして得られるメリット5つ


メリットは人それぞれで一概には言えませんが、共通して言えるメリット5つをご紹介します。

びっくりするほど部屋が片付く

部屋からモノが消えるので当然片付けが楽になるし収納もしやすい。

何がどこにしまわれているのかも、見渡せばすぐに目につくし、すぐに分かります。

モノが少なければモノが散らばることもありませんし、「衣類の下に埋もれてた!」なんてこともありませんしね。

捨てたいんだけど、どうしても捨てられないって場合は格安の宅配型トランクルームを利用するのも1つの手です。

サマリーポケットというトランクルームアプリは月額250円という安さでスマホだけで管理できるのでおすすめ^^
サマリーポケット
サマリーポケット
開発元:Sumally Inc
無料
posted with アプリーチ

時間に余裕ができ、有効活用できる


モノや人間関係を管理する時間が減るため、時間に余裕ができます。

自分のしたいことのために時間を有意義に使えるため、生き生きとした毎日をおくりやすくなります。


人間関係がかなり楽になる




断捨離はモノだけが対象ではありません。

人間関係も断捨離はできます。

「この人と会うといつも気持ちがゲンナリする・・」そういった、ネガティブな関係を絶つということ。

一緒にいてイライラしてしまったり、自分にとって害だと感じるなら、あなたにとって必要な人ではありませんよね。自分の気持ちを我慢して関係を続けてのは時間の無駄です。


モノで悩まされることがなくなる

たとえば洋服。

必要最低限の服しかなければ、コーデに時間をとられたり考えることもしなくて済みますよね。

家にいるあいだ、無駄なモノが視界に入らないので余計なことを考えることもありません。

「これはどこにしまおう」とか「どうやって収納しよう」など、物に悩まされる時間が少なくなるんです。

前向きな気持ちになる

断捨離をすることにより「好き」「嫌い」がはっきりしてくるようになります。

自分にとって嫌いなものはサクっと絶ち、次第に自分の好きなモノや好きなことが周りに増えていくので、前向きな気持ちになりやすいんです。

まとめ

  • ミニマリストは「自分にとって大切なこと」を見つけさせてくれる
  • 部屋が片付く
  • 時間に余裕ができ、自分の好きなことに有効活用できる
  • しがらみから解放されて人間関係が楽になる
  • モノで悩まされることがなくなる
  • 前向きな気持ちになる
ミニマリストを実践していくと、こういったことがあるのでだんだんと生活が豊かになっていくんです。

感じ方は人それぞれで、物を減らす度合いも生活環境によって左右されるでしょう。

ただ、あきらかに不要なものは捨ててしまったほうが気持ちがスッキリするのでおすすめではありますね(・∀・)経験上。

ミニマリストになりたい!って人におすすめの本

「物はそんな必要じゃないよね」「最低限の物だけで十分だよね」って意識にさせてくれる本たちをご紹介します。

▼四角大輔さんは業界では超有名。

ミニマリストというよりかは、自由に生きるためにあなたに必要なものとは?というヒントをくれる1冊。私も感銘を受けた1冊です。




▼ノマドライフの第一人者的な存在の本田直之さん。
彼のライフスタイルは刺激になります。




▼「ミニマリストの部屋ってどうなってんの?どう減らせばいい?」という疑問を解決させてくれる1冊。
ほっこりとした雰囲気の本ですね






私もミニマリストを経験して、余計なモノがなくなるってほんとスッキリして気持ちがいいです^^

っていっても「家の中なんもない!!」ってびっくりされるレベルではありませんが(・∀・)

どこの家庭にも「もう何年も使用していない物」って絶対ありますよね?そういった不要な物から少しずつ無理のない程度でおさらばしてみてください。

イメージしにくいかもしれませんが、思った以上に心がすーーーっとしますよ^^

SPONSORED LINK