【ガスールの使い方】洗顔は固形と粉末どっちがいいの?頻度は?私のおすすめの使い方を紹介します

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
おすすめの記事 → 安すぎる・・!激安アクセルピスで大人可愛いアクセを購入しました【レビュー】
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

毛穴ケアとして人気のガスール。

モロッコの有名な泥なんですが、これ毛穴ケアに欠かせないアイテムなんです。

私もいま使っているんですけど、毛穴汚れを吸着してくれて、感動しちゃうほどツルツルにしてくれるんです。

ガスールには市販で売られているもので主に粉末と固形で別れています。

そこで今回はそれぞれの特徴とおすすめの使い方を紹介したいと思います^^

SPONSORED LINK

ガスールってそもそも何?

こちらがそのガスールです↓

ガスールは、超簡単に言うとモロッコの泥(クレイ)です。

でもただの泥じゃなくて、汚れを吸着する作用が強く、ミネラルがたっぷりつまっているんです。

乾燥しているガスールを水に溶かし、泥状にして顔にパックすると毛穴ケアをしてくれて、肌の状態も整えてくれるんです。

ガスールは毛穴ケアに最適。ツルツルになるんです

ガスールはとにかく吸着力がすごいんです。

洗い上がりのツルツル感は「え!?」ってびっくりしてしまうほど。

個人差はありますが、私の場合、鼻や首元に溶かしたガスールをかけて軽く洗うと、ツルツル感がより実感できて気に入っていますね^^

ガスールは粉末タイプと固形タイプ、どっちがいいの?

ガスールは市販のもので主に粉末タイプと固形タイプとがあります。

でも状態が違うだけで、水に溶かしてしまえばどっちも同じガスールなんです。

じゃあどう使い分ければいいの?どういう時にどっちが使いやすいの?

って思いますよね。

でも極論、そんな大きな違いはないんですよ。

サクっと説明しますね。

ガスールの粉末

粉末の場合はすぐに水に溶けるので、すぐに洗顔やパックしたい人、少量ずつ使いたい人向けです。

ガスールの固形

固形なので、水に溶けるまで数分かかります。そして粉末とは違い、そこそこの量を使いたいって人におすすめ。

顔のパックなど。

と、こんな感じで、大きな差はないです笑

SPONSORED LINK

私は固形のガスールを使っています

固形に関しては私も今使っているのですが、こんな感じの土が入っているんです。

これを水に混ぜるのですが、この容器が使いやすくて愛用しています。

ちょっと手にだして、お風呂の時に、サっと洗顔しています。

すぐに分離してしまうので、振ってから洗顔しています。

ガスールはどのくらいの頻度で使ってる?

ガスールの吸着力はすごいんで、私は週に1回くらいですね。

どこまでケアしたいかによりますが、正直毎日しなくてもいいと思います。

それほどツルっとさせてくれるんで。

私おすすめのガスール洗顔

お風呂のときにサクっと洗顔

週に1回、もしくは2回、溶かしておいたガスールをお風呂に入った時に使う!

これだけです。

お風呂ってのがポイントで、ガスールは泥なので、洗面所で洗うと結構悲惨です。土だらけになるので笑

で、もし服についたりしたら後が面倒じゃないですか。

なのでお風呂が最高に楽なんですよ。

ゴシゴシする必要は全くなくて、やさしく肌を撫でるだけでOK

ガスールは泥パックが推奨されていますが、私個人的にはパックもありだけど、洗顔だけでもツルツルにさせてくれるので洗顔がメインになっていますね。

ただ、パックはガスール以外の成分をまぜてアレンジできるのが良いところで、たとえばはちみつやオイルなど入れればより保湿を感じられそうです。

実際アレンジしている人は多いです。

まとめ

ガスールは固形も粉末もそこまで大きな差はなく、どのくらいの量を使いたいか?だけに関わるのだと思っています。

ちょっとずつ使いたいなら粉末、パックなどでそこそこの量を使いたいなら固形がいいですね。

でも、固形を自分で砕いたら粉末と変わらなそうな気もしていますが・・・笑

ドラッグストアやバラエティショップでも売っているのでチェックしてみてくださいね^^

SPONSORED LINK