【レビュー】太いデンタルフロスならTom’sがおすすめ。口コミ通りちゃんと取れる

SPONSORED LINK


デンタルフロスって細すぎるとカスがうまく取れないときありませんか?

私はところどころ歯間に隙間があって、ほそいフロスだとスカっと取れた!!!と感じられないんです。

なにかもっと太めなものはないかな?

と探したらありました。

しかもけっこう太め!

ってことで使用感をレビューします。

スカスカな歯に細いデンタルフロスは意味がないと判明

前に安くて細いデンタルフロスを買ったんですね。

歯間や歯の根元がいちばん虫歯ができやすいと聞いたので、使ってみようと思ったんです。

実際に使ってみて、歯がきれいにピタっとくっついている部分は細いデンタルフロスで問題ないのですが、ところどころ微妙な隙間があるんです。

そういうところはいくら細いデンタルフロスを通しても、なんていうか「汚れとった」感がなくて^^;

やらないよりはやったほうがいいんでしょうけど。

Tom’sの太めデンタルフロスを発見!

ってことで、今回はiherbTom’sというブランドのフロスを購入してみました。

こちらです。


購入の決め手

レビューで「太い」「汚れがとれる」と書かれていたので、それが購入の決め手です。

値段

私がが購入したときは割引されてて、400円前後でした。

さすがiherb、いつものように激安価格ですね〜。

>>iherbでTom’sのデンタルフロスをチェックする!

さっそく使ってみた



これは糸のようになっていて↑金属の部分に引っ掛けてカットします。

私の微妙な隙間にはちゃんと入り込んでくれて汚れをキャッチしてくれました。

歯間がぴったりくっついている時はきつくて入りませんが^^;

それと色がちょっとベージュに近いですね。オーガニックって感じがします。

メリット

太いところです。


商品名にフラットという文字が記載されているように、糸がつぶされたような感じなんです。

幅は2mmくらいありますが厚さはそこまで極太ってわけではあません。


ただ、幅があるので歯間に入り込んだときにゴシゴシひっぱったりしてみると汚れが絡みついてくれます。

家にちょうど他のフロスがあったので比べてみましたが、比べてみたところ、かなり太いのがわかると思います。

↓↓↓


もちろん細いフロスがいいって場合もあるのですが、歯間にちょっと隙間があったり、汚れはスッキリゴッソリ落としたいって人はTom’sはちょうどいい太さかなと。

それから歯列矯正中の人はワイヤーの関係で肢がついたデンタルフロスは引っかかってしまうので、こういった糸のタイプがおすすめです。

SPONSORED LINK

デメリット

指をたくみに動かさないといけないところですね。

いまデンタルフロスっていろんな種類が出てきて、かなり便利なものが多いんです。

Y字型のフロスなんて奥歯の歯間がめっちゃ取りやすいですからね。持ちやすいですし。

そう考えると糸のみのタイプはやりにくさはあるし、手がだ液や口に触れるかもしれないので洗うという手間がかかります。

それでも「太いのを試したい!」って人にはアリだなって思いました。

口コミがよかった

これが私が購入を決めた最大の理由です。

太いだけで、すぐに切れちゃったり、ぜんぜん汚れが取れなかったら嫌ですもん。

iherbより口コミ参照

普段は普通サイズの糸でしたが、これを使ってから とても使いやすくて重宝しています。 太いけど、糸が毛羽立つことが少なくて使いやすいです。 細い糸を使っている方には不向きだと思います。

太めでしっかりかき取りしてくれます。繊維が裂けてくることがなく、今まで使ったフロスで一番使いやすいかも。 とてもコンパクトなので、ポーチに入れて持ち歩きようにしています。

けっこういい感じなこと書かれてたんです笑

まとめ

今回はじめて太めのフロスを購入しましたが、ちゃんと汚れをキャッチしてくれるので、安心しました。

指でうまくやらないのが手間ですが、歯間のケアは虫歯予防に欠かせませんから、これからフロスをより徹底していこうと思いますね♪

>>iherbでTom’sのデンタルフロスをチェックする!

SPONSORED LINK