油健康法?ダイエットや認知症予防・心筋梗塞に効果がある油に業界も大注目!

image

SPONSORED LINK


油は太る
という常識はもう時代遅れ。

いまや油はダイエットや病気の予防として使われるようになり

油の素晴らしい効果が見直され、様々な年代の人から支持されているのです。


油には種類がある!

油
油=サラダ油なイメージでしたが、実はいーーっぱい種類があるのです。



そして体にとって良い油・悪い油の基準の1つとしてあげられているのが、
飽和脂肪酸不飽和脂肪酸か。



飽和脂肪酸は主に肉やチーズ、バターなどの乳製品などに多く含まれています。

飽和脂肪酸は摂りすぎると悪玉コレステロールの増加につながり、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病のリスクが高まると言われています。



それに対し、不飽和脂肪酸は下記の3種類に分類され

オメガ3系(オレイン酸・・・ナッツ類に多く含まれる)
脂肪の代謝を高めてくれます。

オメガ6系(α-リノレン酸・・・魚や荏胡麻に多く含まれる)
中性脂肪を減少させ、高血圧の予防効果が期待できます。

オメガ9系(リノール酸・・・大豆油やゴマ油に多く含まれる)
コレステロールを低下させる効果が期待できます。

このような効果があるんです。



しかし、不飽和脂肪酸には、もう1つ
厄介な脂肪酸があり、それがトランス脂肪酸



トランス脂肪酸は摂り過ぎると悪玉コレステロールを増加させ
脂肪を溜め込みやすくさせてしまいます。



生活習慣病のリスクが高くなると言われているため、
摂りすぎには注意が必要なんです。



トランス脂肪酸は植物の油を加工して作られた油で
主にマーガリンや
ショートニングという油に多く含まれています。

実はコーン油、ベニバナ油、キャノーラ油など
家庭でよく使う油にも含まれているんです^^;



ファーストフード店のフライドポテトやスナック菓子、パンやケーキ、マフィンなどにも使用されているので

小麦粉を使用した菓子にはほとんど入っていると
考えたほうがよさそうですね。



そこまで猛毒!ってほど危険なわけではありませんが
WHOでは、アメリカやヨーロッパにおいてトランス脂肪酸の規制がかかっているので

とりすぎは要注意です。。

SPONSORED LINK




油の種類とその脂肪酸

油には多数種類がありますが、ここでは比較的メジャーなものを
あげてご紹介します^^



*亜麻仁油
α-リノレン酸、ω-3脂肪酸等の不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。

*荏胡麻油
α-リノレン酸を多く含むため体脂肪の燃焼効果が期待できます。
くせのない油ですので酢飯に合わせたり、
ドレッシングにあわせてもいいですね^^

*オリーブオイル
オレイン酸を70~80%含んでおり、酸化しにくい油で
コレステロール値、中性脂肪値が下がると言われています。
また、オレイン酸が豊富のため心筋梗塞の予防にもなると言われています。
できればエクストラヴァージンオリーブオイルを摂るようにしてください^^エクストラヴァージンオリーブオイルは、オリーブオイルの実をそのまま絞った油で一番風味が良く、質が高い油だからです。

*アボガドオイル
悪玉コレステロールを下げるオレイン酸やビタミンEが豊富に含まれており、
オリーブオイルより熱に強いため、火を使う調理にも適しています。

*グレープシードオイル
葡萄の種子から採れる油。
不飽和脂肪酸・ビタミンEが豊富で抗血栓や冠動脈心疾患を予防する効果があると言われています。

*ココナッツオイル
脂肪をエネルギーに変えてくれる中鎖脂肪酸が豊富です。
また、中鎖脂肪酸は体内でケトン体に変わり、このケトン体が認知症の予防になると
言われています。

ココナッツオイルも、オリーブオイル同様、ヴァージンココナッツオイルを
使用するようにしてください。
普通のココナッツオイルだと製造工程で成分が壊れてしまうし添加物が入ってしまうからです。



SPONSORED LINK




 ココナッツオイルが注目されている理由

※ココナッツオイルは今なにかと話題になっていますので詳しくご説明します。



ココナッツオイルは実は飽和脂肪酸が多く含まれています。
飽和脂肪酸ということは・・・悪玉コレステロールが増加するんじゃ?と思いますよね?

でもココナッツオイルの飽和脂肪酸は中鎖脂肪酸に分類され、
この中鎖脂肪酸は効率よく体内で分解され、

すぐにエネルギーへ変換されるので脂肪が燃焼されやすいんです。

また、ココナッツオイルは認知症の予防になると
今非常に注目をあびています。

アルツハイマーの原因は、脳の栄養分とされるブドウ糖が脳に吸収されにくくなることによって発症するということが最近の研究で分かってきました。



このことに着目し、ブドウ糖が吸収されにくくなった脳細胞にブドウ糖の代わりとしてケトン体を脳へ送り、
脳の破壊をくい止めようとする食事療法が生まれたのです。

ココナッツオイルが話題になるのも納得ですね^^



油



いかがでしたか?
油を賢く使い分け、健康的な体をゲットしたいですよね。