【裏バレンタイン】男が知りたくない女子のホンネ5選【傷心注意】

SPONSORED LINK

「女子がドキドキしながら好きな男性にチョコを渡す」

そんなバレンタインのイメージは遠い遠い過去のイメージで、最近はネガティブな気持ちでチョコを渡している女子が増えているのを知っていますか?

バレンタインは愛の告白の場ではなく、付き合いだから仕方なく渡す場になりつつあります。

今回はそんな【実は女子はこんなことを思っている】裏バレンタイについて紹介します。

傷心注意!実は女子はこんなことを思っている

裏バレンタイン
バレンタインの時期となると世の男達はソワソワしてしまうもの。

あげる側よりも、「俺、もしかしたら誰かからもらえるかも・・!」と
チョコをもらう側のほうが緊張する度合いが高いかもしれません。

わくわく感もありますしね。



だが、しかし!!
そのもらうチョコによって、女子がどう思っているのかが分かります。

それは手作りのチョコか義理チョコか


手作りチョコか義理チョコかで女子の気持ちはここまで違う

裏バレンタイン

当たり前の話ですが、手作りのチョコは愛がこもってて、そうでない義理チョコは愛はこもっていません。

カップル間では手作りチョコでしょうが、仕事の付き合いだとほとんどが義理チョコですよね。

SPONSORED LINK

義理チョコをあげるまでに女子はいろんなことを考えている

女子の中には、何も考えずに義理チョコをただ買って「よかったら、これ」とすんありあげる女子もいれば、心の中でいろんなことを考えている女子もいます。

一体どんなことを考えているのか一例を紹介します。(あくまで、一部の女子です)


  1. 「会社の上司にあげるなんてマジ面倒だけどあげないとプライド傷つくか」と思ってスーパーの特売で売っていたチョコ詰め合わせ袋を買って個々に配る女子


  2. 「この人だったらホワイトデーにそれなりの返しをしてくれる気がする」と特定の人にしかあげない女子


  3. 「義理チョコでもとりあえずあげておけば印象は良い。あげなくて気まずい雰囲気になるのも嫌だし、機嫌悪くされても嫌。義理チョコでちょっと評価あがればいいんだけどな」なんて気配りや下心がある女子


  4. 「さすがに社長や専務よりも良いチョコは平社員の男性にはあげられない。だからグレードを少し落とすけど、このためにチョコを選びに行かなくちゃいけないのがかなりだるい」と相手の立場を考えるのが面倒と感じている女子


  5. チロルチョコさえあれば何もいらない(笑)大人買いすればちょっと安上がり、あとは配るだけ。と安さだけを考えている女子


確かに、相手の役職や立場を考えなくちゃいけなそうなのはわかる気がします。

そもそも男性側も職場でもらうチョコにそこまで期待していないとは思いますが、女子はいろんなこと考えてしまうんですよね^^;

と、同時に男子もきっと女子のようにいろんなことを考えているかもしれません。

今回はあくまで女子にフォーカスしてみました。


いかがでしたか?

これはあくまで一部の話ではありますが・・・。

もっとダークなことを考えている女子もいるかもしれませんね。
(ちゃんと真剣に考えてる女子もいますから、全員が全員こんなこと思っているわけでなないですがね^^;)

しかし、バレンタインで人間関係のことまで考えなくてはいけないなんて、働く女子にとっては
必ずしもドキドキワクワクなバレンタインになるとは限らないということでしょうね。

SPONSORED LINK