【過食防止】食事をある食材に変えるだけで簡単に過食・食欲が抑えられる!

スクリーンショット 2016-08-16 23.15.28

SPONSORED LINK

食欲がとまらない・・・どうして・・汗

さっき食べたばかりなのにまたお腹空いてしまった

過食
みなさんもきっと経験ありますよね。

私もこれまでしょっちゅう経験してきました。



さっき山盛りのパスタやポテトフライ食べたばかりなのにもうお腹が空いてしまった、、なんてこと。





食べてはお腹が空き

食べてはお腹が空き



この繰り返しをしてしまい、

結局自己嫌悪、、泣



罪悪感を感じつつも食べてしまうんですよね。

でもそこで自分を責めちゃだめです。



なぜなら、その食欲はあなたの意志ではどうにもできないから。

脳が信号をだしてしまっているから仕方ないんです。



でも、その信号を出さない方法があるんです。

SPONSORED LINK




無駄な食欲を抑えるためには炭水化物を減らす!

食欲がとまらない

炭水化物をすべて断つわけではありません。



少し減らして、食べる順番をかえれば

無駄な食欲を抑えられるのです。



食欲の原因の一つに

血糖値の急激な上昇があげられるからです。



炭水化物は糖質です。

炭水化物を食べると糖質がいっきに体内に入り込み
血糖値が急激に上昇します。



そこで登場するのがインシュリン。

インシュリンは一種のホルモンなのですが、

上昇した血糖値を下げてくれる働きがあるんです。



ありがたい!と思いたいところですが、

このインシュリンが肥満の元凶。



インシュリンが分泌されればされるほど、脂肪がつきやすくなるのです。



このように炭水化物は食べ過ぎると肥満の原因になります。

しかしそれだけでなく、

血糖値の上昇→インシュリンで下降をしてしまうと、血糖値が不安定になり、また上昇させて安定させようと働きかけてくるのです。

本当はそこまでお腹すいてなくても、脳が、血糖値をまた上昇させようと食欲という信号を発信させてしまうんです。





それが無駄な食欲となるのです。


ではこれを防ぐためにできること。

それは、炭水化物を減らす。

そして炭水化物を食べる順番を一番最後にもってくる。

出来るだけ血糖値を上昇させない食べ方をすれば、

血糖値の急上昇、インシュリンによる急降下を防ぐことができます。

SPONSORED LINK




 具体的なやりかた

食欲がとまらない

たとえば



ランチが和膳の場合

→味噌汁→おひたし→豆腐→魚→米

→味噌汁→つけもの→揚げ物→米



ランチが洋食プレートの場合

→スープ→サラダ→ハンバーグ→ライス

→サラダ→唐揚げ→ライス



この食欲どうにかしたい

一品一品食べきって次に進む、というやり方はしなくて大丈夫です。



血糖値が急上昇しない食べ物群を食べて、最後にちょっと残しておいたおかずとお米を一緒に食べる

というやりかたで大丈夫です。





ただ、これはおかずが和膳など
数種類ある場合にできることですので、

パスタ、ピザ、ハンバーガー単品だと

なかなか順番食べはできません。



ハンバーガーは中のパテから食べる

とかそういうこともできませんし^ ^;





それと、間食としてスナック菓子や甘い焼き菓子など食べたらアウトです。

たちまち血糖値の急上昇急降下がはじまり、

すぐにまたお腹が空いてしまいます。
食欲がとまらない

炭水化物を減らし、食べる順番を守れば自然と間食したい気持ちも減ってくるとは思いますが、



もし食欲がでてしまったときは

「いま血糖値があがるお菓子を食べたらまたすぐにお腹がすいてしまい無駄な食事をしてしまう・・

と自分に言い聞かせてみてください^ ^;;



私はそうしています。

よっぽどでない限り笑



一気に徹底してやると続かないので、

ちょっとずつ実践していってください。



だんだんと空腹感が落ち着いてくると思います^ ^