食べるからお腹が空くの!偽物の空腹を見破るには食べる順番が肝!

SPONSORED LINK


空腹には2つの種類があります。

それは「本物の空腹」「偽物の空腹」

ダイエット中なのに、ついついおやつを食べてしまうのは実は偽物の空腹が影響していたんです。

本物の空腹ならまだしも偽物の空腹でやたらめった食べてしまうのはできれば避けたいですよね。

でも大丈夫!!

空腹の見分け方さえわかれば、意外に簡単に偽物の空腹に惑わされずに済むんです。

今回はその方法についてお話ししますね^^

そもそも「本物の空腹」と「偽物の空腹」ってなに?

食べるからお腹が空く

本物の空腹は、そのまんま体が「ごはん食べたい〜!栄養が必要だ〜」と脳からの信号による空腹。

反対に偽物の空腹とは、炭水化物や糖質の高いものを食べ血糖値の乱降下がおこることによる空腹

パンやパスタ、甘い菓子類などを食べると、血糖値が一気に急上昇し、そのあとまた一気に急降下します。

この血糖値の乱高下がポイントでして、そのあと胃がまた血糖値を上昇させて安定させようとするんです。「血糖値を安定させるためにまた食べろー」と信号が送られてくるんです。

つまり、炭水化物などを食たばかりなのにすぐお腹がすく場合これは偽物の空腹である可能性ということなんです。

「さっきランチであんなにたくさんパスタ食べたのに・・・」
「パンを2つも食べたのに・・・」
「なんでこんなに早くお腹すいてしまうの・・?」

と思ったことはありませんか?

こんな経験がある人は、上記の血糖値の乱降下が原因かもしれません。

食後2時間や3時間でお腹が空くなんて「おかしいぞ!?」と自分に問いかけてみてください。

通常は、食事と食事の間は5〜6時間は空いてお腹が空き始めるものですので。

偽物の空腹に惑わされ、ばくばくとおやつを食べてしまわないように注意してみてください。

SPONSORED LINK

血糖値の乱降下を防ぎ、偽物の空腹をなくすには

食べるからお腹が空く
この血糖値による偽物の空腹をなくすためには、血糖値を急激に上昇させない食べ物を選ぶようにすれば大丈夫。

その食材とはズバリ低GI食品です。

低GI食品とは

GI(Glycemic Index)の略で、食後の血糖値の上昇度を示す指標のことを言います

これの血糖値の上昇度が低い食品として、低GI食品と呼ばれているんですね。

低GI食品は低糖質な食品が多く、たとえば野菜や大豆食品は低GI食品としてとてもすぐれています。

反対にパンやパスタ、白米は糖質で食後血糖値を上げるので低GI食品とはいえませんね(・∀・)

ただ穀物でも、白米より玄米や雑穀米なら低GIに分類されます。

一時期めちゃくちゃ流行った「食べる順番ダイエット」は、 実は血糖値の乱降下を防ぐためのダイエット法でもあるんです。

血糖値を上昇を防ぐ野菜や豆腐などから順番に食べていき 最後にお米を食べるようにすれば、 血糖値の急上昇を防ぐことができ、偽物の空腹がでにくくなるんですよ。

さらに血糖値をコントールするには便利な糖質オフの食品を組み合わせること。

もともと低糖質の食品であればパンなどでも安心して食べることができますね。

お菓子でも糖質量1個0.8gのものもありますので^^;



>>ダイエット中でも食べられるパン・スイーツは『低糖工房』
カフェでドーナツや甘いフラペチーノなどをランチにしてしまうと、偽物の空腹がでてしまいますので、毎日の食生活を少しずつ変えてみてください^ ^

しかも、食べる順番を心がけることは食事制限ではありませんので、誰でもすぐに始められて続けやすいダイエット法です。

だってお米やパンやパスタなど制限するわけではないんですもん^^

偽物の空腹をなくすために、無駄な食事を省くために、ぜひ食べる順番を意識してやってみてはいかがでしょうか?^^


SPONSORED LINK