食欲抑制効果のある香り3選!痩せ香で、ストレスなく楽に痩せちゃおう!

2015y02m06d_201932075

SPONSORED LINK



食欲さえなくなればダイエットが成功するのに

・・・なんて思ったことありませんか?泣



食べちゃいけないと思いつつも、やっぱり食べちゃうんですよね。



だからといって過度な食事制限をすれば、
いつかストレスでどか食いをしてしまい リバウンドに、なんてことも。

食欲抑制したい

この食欲!どうにかしたい!!



そんなときのダイエットの救世主が
なんと!アロマの世界にあったのです!



今回は
そんなダイエット救世主アロマ3つをご紹介しちゃいます!

SPONSORED LINK




なぜアロマの香りが食欲抑制に効果的なの?

体の機能を正常に保ってくれている自律神経が

乱れると、体は脂肪を蓄積しやすくなります。



アロマの香りには、
この自律神経を整えてくれる効果があるんです。



食欲抑制効果の強い香りは、自律神経を整えたり
食欲に対するイラだちをなくす効果も重なり
食欲が薄れていくんです。



具体的にどんな成分が影響しているのか
食欲抑制効果の高いアロマ3つをもとに、ご紹介します!


ペパーミント

ペパーミント

ミントはおなじみの香りですよね^^
すーっとした香りが印象的です。



ペパーミントは、
アメリカ ホイーリング・イエズス会大学の研究で

被験者に5数日間に渡って定期的にペパーミントの香りをかいでもらったところ

空腹を感じにくくなり

一週間のトータルの摂取カロリーが3,485kcalも減ったという結果が出たのです。



ペパーミントの強烈な香りの影響で
食欲の気が紛れたのではないか?といわれています。




グレープフルーツ

グレープフルーツ
これはご存知の方も多いはず。

グレープフルーツダイエットが有名になりましたしね^ ^



グレープフルーツのナリンギン(苦味成分)とよばれる成分

に食欲抑制効果があり

食べたい〜!のイライラをなくし、満腹感を得ることができるのです。



また、ヌートカトンという香り成分に脂肪燃焼効果があると
いわれているんですよ!



ヌートカトンは新陳代謝を高め交感神経を活性化させ
UCPという成分を放出します。

このUCPが脂肪の燃焼を高めてくれるんです。



匂いかぐだけなのに脂肪燃焼!

ほんと!?って思っちゃいますが、効果があるようです。

SPONSORED LINK




パチュリ

パチュリ

パチュリは匂いが独特で、ちょっと土っぽいような
スモーキーのような香りがします。



この香りに鎮静効果があり
イライラなどのストレスによる過剰な食欲を抑えてくれるのです。



本当はお腹がすいていないのに
イライラを抑えるために無理に食べてしまうということを防いでくれるのです。



心を落ち着かせてくれる作用が大きいのですね(*゚▽゚*)

また、利尿作用があり、むくみ改善にも効果があります。



むくみ解消

いかがでしたか?^ ^



匂いをかぐタイミングは、食事の30〜1時間前がおすすめです。



ちょっとでも「お腹空いたかも・・・」と思ったら
そのタイミングでかいでもいいかもしれませんね。



早速明日からオイルをハンカチなどに染み込ませて持ち歩いちゃいましょう^^