オーストラリアのコーヒーはまじでうまい。オーストラリアのコーヒー文化はスタバが撤退してしまうほど卓越していた・・!

2015y05m10d_203912847

スタバがオーストラリアから撤退してしまったのをご存知でしょうか?

オーストラリアは実はコーヒー大国で、おいしいコーヒー店がとても多い国なんです。

なぜスタバが撤退したのか?
オーストラリアのコーヒーの魅力は?
まとめてみました。


オーストラリアのコーヒー文化は卓越していた

SPONSORED LINK



オーストラリアのコーヒー文化
出典:http://nichigopress.jp/



日本人にとってはまだなじみの薄いオーストラリアのコーヒー。

私も知人から聞いて初めて知ったのですが、オーストラリアのコーヒー文化は卓越していて、とにかくコーヒーがうまい!お店がたくさんあるんです。

そして現地の人はそんなうまいコーヒーを毎日のように飲んでいるので舌が肥えています
(あるデータによると国民1人あたり年に平均3キロ弱ものコーヒーを飲んでいるとのこと)

なぜオーストラリアがコーヒー大国なのかは諸説ありますがおそらく移民の国だからという理由だそう。

オーストラリアのコーヒー文化

昔、シドニーやメルボルンにイタリア人が多く移民していたという歴史的背景があり、そのためオーストラリアのコーヒーのベースは濃厚な味わいが印象的なイタリア系と言われているんです。





またオーストラリアではコーヒーのメニューの中に呼び名が日本のとは少し違うものがあります。



一般的なコーヒーの呼び名は「ロングブラック」
エスプレッソは「ショートブラック」など。



また、オーストラリアでは有名な(というか一般的な)「フラットホワイト」というメニューもあります。



これはダブルショットに暖かいミルクを入れただけのものです。
どこのお店にも必ずあるといわれています。




コーヒー大国オーストラリアではスタバが撤退してしまうほど!


SPONSORED LINK



オーストラリアにはこのようにユニークなコーヒーカルチャーがあるため、興味深い出来事が起きました。
それは、スターバックスがオーストラリアで大失敗したことです。
スターバックスは2000年から、オーストラリアにどんどん店をオープンしました。
でもアメリカで人気のある甘いコーヒーは、オーストラリア人のお好みには合わなかったようです。
そして2008年までに、オーストラリアでスターバックスの61店舗が閉まりました。
出典:http://www.fashionsnap.com/




これはコーヒー好きの間ではちょっと話題になったのではないでしょうか?

びっくりですよね。世界のスタバが撤退する国だなんて。



うまい・まずいはさておき、国によって味の向き不向きがあるのだということがよくわかりました。

確かに知人のオーストラリア人に、(名前は伏せますが)あそこのコーヒーは良くない、ここのお店のほうがうまいなどという話は聞いたことがあるのです。

その人がおすすめするコーヒーは本当にうまいそうで、
オーストラリアのコーヒーについて調べていくうちに彼の話に納得してしまいましたね。





オーストラリア生まれのコーヒーが続々と日本に進出している


最近はオーストラリア発のコーヒーが続々と日本に参入してきているんです。

そのおいしさに感動する人も増えてきているんですよ^^
たとえば

・パイ・フェイス

パイ・フェイスはパイをメインにしたお店でコーヒーを売りにしているわけではありませんがオーストラリア生まれのお店で出しているコーヒーなのでまずいなんてことはありえないでしょう。



・マズバス

イオン越谷レイクタウンにて初出店した話題のお店。
ホtットコーヒーをストローで飲むスタイルに驚いた人も多いでしょうね。

現地ではドライブスルーとしてメジャーですが、日本ではまず店内での展開からスタート。
味の評判も良いようです。





・Paul Bassett

Paul Bassett(ポール・バセット)は日本を代表するパティシエの辻口さんとバリスタ世界チャンピオンのポール・バセットさんによる新しいコンセプトのエスプレッソカフェ。

こちらでも本場のコーヒーが味わえますよ。

バリスタ世界チャンピオンのポール・バセットによる新しいコンセプトのエスプレッソカフェPaul Bassett。
「豆」「焙煎」「バリスタ」に徹底的にこだわり、世界中から厳選されたコーヒー豆を店内に設置された焙煎機で緻密な計測のもと、過去の記録とも照合しながら焙煎を繰り返し、エスプレッソに最適な豆を作り上げていきます。
「現状維持ではなく進化も大切」という、ポール・バセットの精神を忠実に継承したバリスタが作り出すエスプレッソの深い味わいは、甘みとコクが見事に調和し、喉を通る瞬間のまろやかさは格別です。最高のエスプレッソとスイーツという組み合わせは、ここPaul Bassettでしか味わえないおいしさの体験となるでしょう。
出典:http://lcdhpb.jp/

渋谷ヒカリエのB2Fにあります。

オーストラリアのコーヒー文化
出典:http://tabelog.com/



オーストラリアのコーヒー文化
出典:http://ja.myecom.net/



いかがでしたか?

日本人はまだまだオーストラリアのコーヒーに馴染みがありません。
私もオーストラリアのコーヒーと聞いても最初はぼんやりしたイメージしかわきませんでした。

これからはちょっとオーストラリアのコーヒーを意識してしまいそうですね笑

SPONSORED LINK