スーパーフード協会が推奨するスーパーフード10選!おすすめレシピが知りたい!

ゴジベリー

SPONSORED LINK




スーパーフードとは?

スーパーフード
スーパーフードは

栄養のバランスがよく、栄養価も高い食品、または

一部の栄養・健康成分が際立って多く含まれている食品のことをいいます。

スーパーフード

このスーパーフードの歴史は長く、1980年代に
もともとアメリカやカナダで食事療法に使われていました。



いまでは、体型維持やダイエット用途につかっているセレブが多いですね。



なんでも人気モデルのミランダ・カーも使用しているんだとか。
日本では2013年秋にスーパーフードを使用したレシピ本が
発売されたのをきっかけに認知度があがりましたね。

SPONSORED LINK


スーパーフード協会が認めるスーパーフード10選

スーパーフードには様々なものがありますが
ここではスーパーフード協会が認める10種類をご紹介します^^



■スピルリナ

(藻の一種。アミノ酸のバランスが優れた良質なタンパク質を豊富に含み
β-カロテンはにんじんの約20倍、鉄分はほうれん草の約45倍含まれています。)



■アサイー

(アンチエイジング成分のポリフェノールが赤ワインの約30倍含まれており
鉄分はほうれん草の約4倍、その他栄養価がバランスよく含まれています。)



■チアシード

(植物性タンパク質、食物繊維、ミネラルを豊富に含み、脂肪をおとすと
いわれているオメガ3系の良質な油が含まれています。)



■カカオ

(カカオ豆にはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく
含まれています。また、カカオポリフェノールが豊富でカラダの老化を防いでくれます。)



■ココナッツ

(中鎖脂肪酸を豊富に含み、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。
脳を活性化させてくれるため、アルツハイマー予防にも効果的といわれています。)



■ビーポーレン

(ミツバチが集めた花粉のこと。アミノ酸、ビタミン類、カルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄分などが豊富に含まれています。)



■ブロッコリースーパースプラウト

(スルフォラファンという抗酸化作用が高い成分がブロッコリーの約20倍も含まれ、
シミやシワ予防、また紫外線によるメラニンの生成を抑えてくれます。)



■アロエベラ

(抗酸化作用や免疫活性、便秘解消などの効果が期待でき
ビタミンやアミノ酸も含まれています。)



■クコの実(ゴジベリー)

(100種類の栄養素が含まれ、食物繊維やポリフェノールも豊富に含まれています。
抗酸化作用が高く美容効果の期待大で、ビタミンCはなんとオレンジの500倍・・・。)

ゴジベリーでは人気情報番組あさイチでも紹介されていましたね。

ゴジベリー


■亜麻仁オイル

(オメガ3のαリノレン酸を豊富に含み、ダイエット効果と
アンチエイジング効果が期待できる油。飲む美容的といわれています。)

スーパーフード


それぞれのフードにあったレシピで試すとGOOD!

一番のおすすめはスムージーです。

スーパーフード

特にわたしのおすすめはジュースをつかったごちゃまぜスムージー。



それぞれの量の決まりはないのですが、たとえば

・お好みのジュース(100%果汁のジュース)

・牛乳

・冷凍されたフルーツ

・チアシード

・白砂糖以外の甘味料

・ココナッツオイル少量



これを全部容器に入れてジューサーでスイッチオン!



味の好みは人それぞれですので
ほとんどお好みの目分量でOK。



ほかにヨーグルト、豆乳、ナッツ類
そのほかのスーパーフードを入れてもOKです^^



上記10種類のスーパーフードをすべて集めるのは
金銭的にもちょっと負担がかかると思うので、

まずは2~3個くらいから取り入れて
いろんなレシピにちょい混ぜして取り入れてみてください^^



ココナッツオイルや亜麻仁オイルなら
普段の調理で使用できますし

ブロッコリースーパースプラウトやクコの実なら
サラダにあわせてもいけますよね^^



市販で粉末状になったものもありますので、

その場合はスームージーや、パンケーキに混ぜたり
しやすいかもしれませんね^^



スーパーフード

いかがでしたか?

スーパーフードもいろんな種類があるのでどれを試すか迷ってしまいますね笑

お気に入りのスーパーフードが見つかったら、ぜひぜひ試してみてください^^